歯科用ハンドピースは口腔の臨床作業に不可欠なツールになります。それはバーを挟むことができ、歯科のドリル、研磨、切断、修理などを完了することができます。



1.注水の方式により、外部注水と内部注水に分けられます。

外部注水低速ハンドピースセット(外部パイプと接続する)

内部注水低速ハンドピースセット(パイプは内部で接続した)

注水の方式により、外部注水と内部注水に分けられます


外部注水低速ハンドピースセット(外部パイプと接続する)

内部注水低速ハンドピースセット(パイプは内部で接続した)

外部注水低速ハンドピースセット(外部パイプと接続する)



2.照明の方式により、ライトなしとLEDライト付きに分けられています。

LEDライト付き

ライトなし

その中で、LED照明は風力発電照明または外部発電機照明に分けられます。

CX235C光ファイバー内部注水低速ハンドピース

CX235D風力発電照明内部注水低速ハンドピース

照明の方式により、ライトなしとLEDライト付きに分けられています



3.材質により、ステンレスとチタン合金に分けられます。

シェルはステンレス鋼で作られます。

シェルはチタンで作られます。

材質により、ステンレスとチタン合金に分けられます



4.コントラアングルは回転速度により、等速、減速および高速に分けられます。 

CX235C2-1

CX235C4-2

等速1:1コントラアングルハンドピース

減速16:1コントラアングルハンドピース



5.コントラアングルは用途により、根管治療用コントラアングル、インプラント用コントラアングル、研磨用コントラアングルに分けられます。 

1.根管治療用コントラアングルハンドピース

2.インプラント用コントラアングルハンドピース

3.研磨用コントラアングルハンドピース




6.ある特殊なコントラアングルハンドピース

ストレートハンドピースで使用されるコントラアングルハンドピース

手術用20度コントラストレートハンドピース


Source:https://www.oyodental.jp/article-1123-歯科用ハンドピースの分類(2).html