そんな吉里さんが大切しているのが、患者さんとの心の通った交流だといいます。

「治療中は患者さんの協力がなくては進まないことがたくさんあります。例えば、取りはずしのできる装置の場合、1日の決められた時間分の装着がないと思ったように歯が動かず、治療が長引いてしまいます。そんな事態を防ぐためには、患者さんの1日の過ごし方をうかがって、その中から装置をつけられる時間帯を見出していくなど、表面的ではない交流が大切になります。もちろん確実に装置を使ってもらえるよう、つけ方・はずし方の練習なども患者さんと一緒に行っていますよ」

また、低年齢の患者さんには、実際の使い方だけでなく、保護者に”今この装置をなぜ使うのか”をきちんと説明し、理解・納得してもらうことを心掛けているのだとか。

矯正装置に使われる、通称カラーゴム。最近ではあえて装置を見せようとする患者さんも増えてきた。「治療が円滑に進むよう全面的なサポートを行うのが、矯正歯科で働く歯科衛生士の役割です。矯正治療は、患者さんの数だけ治療法があるもの。私たち歯科衛生士も治療についての知識を備えて患者さんと交流することで、よりよい治療の一翼を担っているのだと自負しています」

-----------------------会社情報----------------------

Oyodental.jpは、高品質の歯科リムービング プライヤーフォーミング プライヤーを提供する中国一流のオンラインサプライヤーであり、卸売価格でありながら迅速・効率のあるサービス提供しております

入したい方はOyodentalデンタルへお問い合わせください。

メール:Oyodental.jp@gmail.com

公式サイト:https://www.oyodental.jp/