2019年08月

この光重合器は、光重合タイプの歯科用接着剤を硬化させる際に使用します。


光重合タイプの歯科用接着剤とは簡単にいうと、ある波長の光を当てると硬化する性質を持っている材料です。


この接着剤は主に矯正用ブラケットを歯面に接着させるために用います。


ハイパワーLED光重合器の魅力は、光をあてる時間が著しく短くなることです。


一般的な光重合器では接着面の左右から10秒ずつ計20秒光を当てる必要がありますが、このハイパワーLED光重合器では左右1秒ずつ計2秒で接着剤を硬化させることができます。
 

歯科用接着剤は唾液などの水分に弱く、硬化までに唾液に触れると接着力が著しく低下してしまいます。


そのため、短時間で接着剤が硬化することは、何にもましてありがたいことなのです。


使用頻度が高いため、各歯科ユニットに一台ずつ用意しています。 (歯科光重合ライト)

歯科用ハイパワーLED光重合器光照射器-歯科用接着剤を硬化

https://www.oyodental.jp/article-1117-歯科用ハイパワーLED光照射器-歯科用接着剤を硬化.html

口腔内カメラ使用するときの注意事項

皆さん、こんにちは、Oyodental.jpの担当者、ちょうきんです。
Magenta® MD1500歯科用口腔内カメラ無線(VGA+VIDEO+HDMI+USB)
歯科用口腔内カメラMD1500無線(VGA+VIDEO+HDMI+USB)


いつもお世話になって、ほんとにありがとうございます.


今回は口腔内カメラ激安卸売を使用するときの注意事項について、説明致します。


Q1: ON/OFFスイッチをオープンしても、機械がスタートアップできません。
 
A:1. コンセントが正しいかどうかをチェックしてください。                             
 2. ケーブルが接続かどうかをチェックしてください。
 
 
Q2: 画像がパソコンやTV等で表示できません。
 
A:1. カメラとパソコンあるいはTVの接続が正しいかどうかをチェックしてください。                                      
  2.ドライバーソフトウェアのインストールが完了かどうかをチェックしてください。
 
 
Q3: 使用の過程中、画像は少しはっきりしません。
 
A: 初めて使用すれば、それは自然な反応です。しばらくはっきりなります。
 
 
Q4: 画像を凍結される時、ディザリングが現れました。
 
A: 画像を撮影するためにカメラを使用するときに手を振ります。カメラはスムーズに使用する場合、この現象が変化させます。
 
 
Q5: パソコンやTV上の画像がスポットあります。
 
A:1. スクリーンにスポットがあるかどうかをチェックしてください。
   2. カメラのレンズにスポットがあるかどうかをチェックしてください。                          
   3.スポットが消していない場合、販売店にお問い合わせください。 

-----------------------会社情報----------------------
Oyodental.jpは、高品質の口腔内カメラ ワイヤレスを提供する中国一流のオンラインサプライヤーであり、卸売価格でありながら迅速・効率のあるサービス提供しております


入したい方はOyodentalデンタルへお問い合わせください。

メール:Oyodental.jp@gmail.com
公式サイト:https://www.oyodental.jp/

https://www.cropnet.jp/user/41998

 

ローランド ディー.ジー.株式会社は、歯科用ミリングマシン「DWX-50」「DWX-4」によるハイブリッドレジンの切削に適したミリングバー(刃物)を6月より販売開始の予定です。

商品名: 歯科用カーバイドバー/カーバイドバーFG


品番刃先径標準価格発売日
未定R0.3 mm未定6月予定
R0.5 mm
R1.0 mm

日本では平成26年度診療報酬改定により、ハイブリッドレジンを用いたCAD/CAM冠の保険適用が4月1日からスタートしました。このため当社では、需要にお応えすべく新素材に最適な刃物の開発を進めております。本ミリングバーは表面に特殊コーティングがされており、材料の対応力が向上しております。

ハイブリッドレジンとは、レジン(樹脂)にフィラーと呼ばれる有機・無機物質の微粉末を混ぜた素材です。審美性に優れた白い歯を安価に実現できる点から歯科医療分野で現在注目されています。加工は歯科用CAD/CAMシステムを用いて行われます。

当社DWXでのハイブリッドレジンの加工は、適合するミリングバーを使用しCAMソフトウェアに設定を行うことで可能です。切削条件は材料メーカーや材質によって異なりますので、詳しくは当社もしくは販売店様へお問い合わせください。

(参考)歯科用ミリングマシン「DWX-4」について

2013年10月発売。340 mm(幅)×365 mm(奥行)×405 mm(高さ)のコンパクトな本体に、4軸制御と自動刃物交換装置(ATC)を搭載したミリングマシン。材料は歯科用ジルコニア、PMMA、ワックスに対応し、クラウンやブリッジなどの補綴物を製作することができます。オープンな設計思想により、小規模技工所への導入が一段と身近になりました。

製品情報はこちら:

http://www.gunjodo.com/mimkenkou/

https://www.oyodental.jp/category-1121-b0-%E6%AD%AF%E7%A7%91%E7%94%A8-%E3%83%90%E3%83%BC.html


歯髄電気診とは

歯髄電気診は、電気歯髄診断器激安を用いて弱い電流を歯に通電して電気的刺激を与え、歯髄神経を刺激して誘発させた痛みあるいは違和感の有無によって、歯髄の生死を判定する診査法である。この電気刺激によって反応する歯髄神経はAδ線維であり、C繊維は反応しないといわれている2)。歯髄電気診の最大の利点は診断精度が高く、歯髄に損傷を与えないことである。

YS-DT-A-1


しかしながら、さらに詳しい歯髄の病態を診査することは不可能である。つまり、歯髄電気診に対して歯髄が正常域で反応したとしても、それは歯髄が生きていることの証であって、決して歯髄が正常であるということの証明にはならない3)

また、多量の修復象牙質のために電気的刺激が歯髄に達していない、電気刺激が歯根膜や隣在歯の神経線維に達している、外傷の既往があるならびに鎮痛剤や精神安定剤を服用しているなどの条件下では、偽反応を示すことがある4)
したがって、歯髄の生死をより正確に診査するためには、温度診や切削診を併用する必要がある。さらに、歯肉への漏電が阻止できないような大きな金属修復物がある場合には、本機器を用いることができない。なお、歯髄電気診は心臓ペースメーカーを装着している患者には禁忌である。

詳細を見る:

https://www.selfgrowth.com/articles/what-should-i-consider-when-selecting-portable-dental-office-equipment

https://www.oyodental.jp/category-1027-b0-%E6%A0%B9%E7%AE%A1%E6%B2%BB%E7%99%82%E5%99%A8%E6%9D%90.html

オートクレーブとは、飽和蒸気によって内部を高圧高温にできる機器です。化学系の研究室や病院などで広く使われています。これから、大学や企業の研究室に入り、オートクレーブをよく使うので、仕組みを知りたいという人もいるでしょう。

そこで今回は、オートクレーブによる滅菌の仕組みや導入方法などを紹介します。

  1. オートクレーブの基礎知識
  2. オートクレーブのメリット・デメリット
  3. オートクレーブの導入方法
  4. オートクレーブに関するよくある質問

この記事を読めば、オートクレーブを利用するメリット・デメリットもよく分かるでしょう。オートクレーブの導入を考えている人も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.オートクレーブの基礎知識

はじめに、オートクレーブの使い道や特徴を紹介します。

1-1.オートクレーブとは高圧蒸気滅菌器

前述したように、オートクレーブは内部を飽和蒸気によって高温高圧にできる機器です。大きな圧力なべといえばイメージしやすいでしょう。

1-2.滅菌・液体化・化学反応に用いられる

オートクレーブは、歯科滅菌処理や二酸化炭素の液体化、水晶の合成などの化学反応を行う際に用いられます。ほかの滅菌方法に比べると低温・短時間で行うことが可能です。ですから、大学や企業の研究室や病院などで広く使われています。なお、かつては複合材料の成型にもオートクレーブを用いる方法が使われていましたが、現在は脱オートクレーブが進行中です。

1-3.オートクレーブの仕組みと種類

オートクレーブは、容器の底に水を入れる場所とヒーターが設置されており、そこに水を入れてヒーターで熱することで容器の中を100℃以上の水蒸気で満たすことができます。水蒸気で満たされた容器の中は、高温・高圧となり滅菌や化学反応を行うことが可能です。

オートクレーブは、小型から大型のものまでさまざまな種類があり、大型のものの方が高価になります。

1-4.滅菌の方法

オートクレーブで滅菌を行う場合、内部に滅菌したい器具を入れ、指定の場所を水で満たしてスイッチを押します。このとき、ふたをきちんと閉めてください。ふたがしまっていないとスイッチが入らないものもあるので気をつけましょう。滅菌にかかる時間は、数秒~1時間と滅菌をするものや量によって異なります。

滅菌が終了したら内部が十分冷却したのを確認してふたを開けてください。自動冷却装置がついていない種類は、滅菌が終わった直後に開けると高温の水蒸気でやけどする危険があります。

2.オートクレーブのメリット・デメリット

この項では、オートクレーブのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

2-1.オートクレーブのメリット

オートクレーブは使える場所が多く、作りもそれほど複雑ではありません。ですから、小型のものから大型のものまで、種類が豊富です。値段も、数万円~数十万円と幅広く、予算に応じた選択肢が広くなっています。滅菌できるものもたくさんあり、ラボ(研究室)から病院まで設置しているところは豊富です。また、短時間で滅菌が完了するのもメリットの1つになります。

2-2.オートクレーブのデメリット

オートクレーブの内部は、場所によって温度が異なります。置く場所によっては、滅菌が不十分なまま終了してしまうこともあるでしょう。また、容器によっても熱の伝わり方が異なります。

たとえば、プラスチックと金属を比べた場合、金属の方が熱が伝わりやすく高温になりやすいでしょう。そのため、化学反応に用いる場合は、容器の素材にも気をつけなければなりません。

さらに、中に入れるものによって、温度の上がり方が変わります。そのため、厳密な温度設定が必要な化学反応を行うには、適しません。

超音波クリーナー 洗浄器の選び方


歯科用オートクレーブの選び方



↑このページのトップヘ