歯並びが悪いと色々な影響をもたらします。歯並びをきれいにする方法とそれぞれのデメリットを紹介します。(歯科矯正用器具)



【ブラケット矯正】

ブラケット矯正は歯並びや噛み合わせを治すことができる矯正治療です。歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく矯正方法です。

ブラケット矯正は痛みが少なく、快適矯正できますが、目立つというデメリットがあります。でも、現在は透明なブラケットや白いワイヤーが有り、目立たなく治療ができます。

 
【舌側矯正】

舌側矯正は歯の裏側にブラケット(歯科販売)を装着する矯正です。歯の表面にブラケットがつくのが気になる方は舌側矯正をお勧めます。歯の裏側にブラケットを付くため目立つなくなります。

しかし、舌側に装置を装着するため装置に慣れるまで違和感が感じたり、発音がしにくい場合があります。そして表側矯正より費用がかかります。

 
【マウスビース矯正】

 マウスビース矯正はワイヤやブラケットを使わず、透明なマウスビースを付け替えながら少しずつ歯を動かしていく矯正治療です。目立つにくいけど、装着時間を守らないと治療の効果に影響を与えます。