乳歯をできるだけ残したいとの要望が高まっている現代、乳歯を保存することも強く希望する保護者は多い。乳歯は生理的に歯根吸収が進行して脱落するが、または交換期まで保存されてから抜去されるためか、歯根が長く残存した抜去乳歯を目にする機会は減少した。このことは、従来抜去乳歯を臨床研修に用いてきた、乳歯の歯内療法教育を困難にしている。

一方、既存の歯科実習用模型は、完成永久歯を模したもので、小児の歯の歯内療法実習に適した模型は未だない。また、小児歯科領域では、歯根吸収のわずかな乳歯や根尖が開大した幼若永久歯の解剖的形態を3次元的に理解し、これらを用いる治療法の実習は、小児歯科模型の機能・疾患・治療の教育研究にとって重要である。そこで演者らは、小児の天然歯を精密に再現した模型を製作することを目的に、天然歯のエックス線写真情報から、歯の構造を可視化し、これを観察するための画像や人工歯の作成へと進み、この人工歯を観察したのち、これを用いて根管治療実習を行い、その教材としての意義を検討したので報告する。

Anatomical-Model-1

資料ならびに方法
1.材料と機器
抜去歯;ヒト乳歯(歯根吸収がほとんどないもの)ならびに歯根未完成永久歯
データ収集;産業用マイクロフォーカスエックス線CT(μCT);SMX100CT®
(島津製作所)
デスクトップパソコン;Compaq 8200 Elite USDT PC®
(Hewlett-Packard Company)
3次元画像処理ソフトウェア; INTAGE Volume Editor®
(サイバネットシステム社)
積層造形システム(3Dプリンター);ProJet HD 3000®
(スリーディー・システムズ・ジャパン社)
造形材料;
紫外線硬化アクリル樹脂(デンタル模型

人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。そのため今までは「入れ歯」などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。しかし「入れ歯」だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法「インプラント治療」をご紹介いたします。

インプラント治療とは
失ってしまった自分のの替わりに、人工の歯の根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。




レントゲンだけでなくCTにてお口の中を確認できるので確実・安全
CTによる検査を行うことにより3次元画像で細部まで患者様ご自身の歯や顎の骨を確認し、今までのデータより格段に多くの情報を得ることが可能です。インプラント治療では、顎の骨の中にインプラントを埋め込む手術を行うため、事前にCT検査を行うことは、より精密なインプラント治療を可能にするので確実です。


ゲスト小宮山彌太郎さん(東京歯科大学教授)、米原記者(生活情報部)

●トラブルの背景 医師の実習不足、知識不足

小宮山さん:多くの患者さんが、インプラントの存在ということをご存じになるということは、いいことだと思います。
しかしながら、現在のままの状態が続くようであれば、私は非常に寂しいことだと思います。

(このような状況になっている背景の)一つはやはり、教育が今まで学生に対して、特に歯科学生に対してのインプラントに関する講義というもの、これは10年ほど前から始まっていますけれども、実際にはその実習とか、そういうものが伴ったものは、割合どこの大学でも最近になって、始めるようになりました。(歯科用インプラント手術用装置)


ですから、学生もその怖さというもの、ただ聞いてるだけのときには分からないんですけど、実習をしてみると、その難しさ、そういうことも分かるようになる、これは非常に、スタートラインとしてはいいことだと思います。
そしてもう一つは、そういう教育を受けてなかった歯科医師が、今度は臨床の場に立って、インプラントというものに目を向けるようになったときに、じゃ、どこでその知識、技術を学ぶのか。
これが、少し今まで問題が多かったかもしれません。
それは、例えば業者主導の、先ほどにもありましたように、業者主導のそういう講習会に出て、いいことだけ、それを聞いて、それじゃあやってみよう、実際には難しい点、注意しなければいけない点があるわけですけれども、そういうことがおろそかになった場合には、問題を起こすかもしれません。

(治療の難しい点は)やっぱり一人一人、全部違うということですね。
ですから事前の準備、例えば診療の計画の立て方、そのための資料としたら、現在ではCTというものも手に入るわけですし、あるいはいろんなものを使って、そして患者さんが何を求めているのか、主訴が一番大事です。
そしていい点、悪い点をきちっとご説明をすれば、問題というのはもっと少なくなると思います。

やはり今までの歯科治療の範囲を超えた部分というのは多いと思うんです。
ということは外科的な手技が伴います。
しかも問題は、口腔外科の専門医でない人たちも手がける。
そうなってくると、そういった教育がない人が外科的な処置をするということは、やはり、われわれだけでは解決ができない。
すなわち全身状態をもっと把握できる力、そしてそれ以上に、現在かかられているお医者さん、内科とか外科とか、あるいはいろんな分野のお医者さんの、主治医の意見も尊重しなければいけない。(
歯科用根管治療モーター)

そして連携をきちっと取ること、これが大事だと思います。

歯科インプラント治療の利点


↑このページのトップヘ