オートクレーブとは、飽和蒸気によって内部を高圧高温にできる機器です。化学系の研究室や病院などで広く使われています。これから、大学や企業の研究室に入り、オートクレーブをよく使うので、仕組みを知りたいという人もいるでしょう。

そこで今回は、オートクレーブによる滅菌の仕組みや導入方法などを紹介します。

  1. オートクレーブの基礎知識
  2. オートクレーブのメリット・デメリット
  3. オートクレーブの導入方法
  4. オートクレーブに関するよくある質問

この記事を読めば、オートクレーブを利用するメリット・デメリットもよく分かるでしょう。オートクレーブの導入を考えている人も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.オートクレーブの基礎知識

はじめに、オートクレーブの使い道や特徴を紹介します。

1-1.オートクレーブとは高圧蒸気滅菌器

前述したように、オートクレーブは内部を飽和蒸気によって高温高圧にできる機器です。大きな圧力なべといえばイメージしやすいでしょう。

1-2.滅菌・液体化・化学反応に用いられる

オートクレーブは、歯科滅菌処理や二酸化炭素の液体化、水晶の合成などの化学反応を行う際に用いられます。ほかの滅菌方法に比べると低温・短時間で行うことが可能です。ですから、大学や企業の研究室や病院などで広く使われています。なお、かつては複合材料の成型にもオートクレーブを用いる方法が使われていましたが、現在は脱オートクレーブが進行中です。

1-3.オートクレーブの仕組みと種類

オートクレーブは、容器の底に水を入れる場所とヒーターが設置されており、そこに水を入れてヒーターで熱することで容器の中を100℃以上の水蒸気で満たすことができます。水蒸気で満たされた容器の中は、高温・高圧となり滅菌や化学反応を行うことが可能です。

オートクレーブは、小型から大型のものまでさまざまな種類があり、大型のものの方が高価になります。

1-4.滅菌の方法

オートクレーブで滅菌を行う場合、内部に滅菌したい器具を入れ、指定の場所を水で満たしてスイッチを押します。このとき、ふたをきちんと閉めてください。ふたがしまっていないとスイッチが入らないものもあるので気をつけましょう。滅菌にかかる時間は、数秒~1時間と滅菌をするものや量によって異なります。

滅菌が終了したら内部が十分冷却したのを確認してふたを開けてください。自動冷却装置がついていない種類は、滅菌が終わった直後に開けると高温の水蒸気でやけどする危険があります。

2.オートクレーブのメリット・デメリット

この項では、オートクレーブのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

2-1.オートクレーブのメリット

オートクレーブは使える場所が多く、作りもそれほど複雑ではありません。ですから、小型のものから大型のものまで、種類が豊富です。値段も、数万円~数十万円と幅広く、予算に応じた選択肢が広くなっています。滅菌できるものもたくさんあり、ラボ(研究室)から病院まで設置しているところは豊富です。また、短時間で滅菌が完了するのもメリットの1つになります。

2-2.オートクレーブのデメリット

オートクレーブの内部は、場所によって温度が異なります。置く場所によっては、滅菌が不十分なまま終了してしまうこともあるでしょう。また、容器によっても熱の伝わり方が異なります。

たとえば、プラスチックと金属を比べた場合、金属の方が熱が伝わりやすく高温になりやすいでしょう。そのため、化学反応に用いる場合は、容器の素材にも気をつけなければなりません。

さらに、中に入れるものによって、温度の上がり方が変わります。そのため、厳密な温度設定が必要な化学反応を行うには、適しません。

超音波クリーナー 洗浄器の選び方


歯科用オートクレーブの選び方



超音波洗浄の原理
超音波洗浄の原理としては、全てが解明さているわけではありません。
現在、一般的に言われている洗浄の現象の一つを紹介いたします。

液体中に超音波の振動が伝わると、振動させている超音波の周波数の波が発生します。
液体中に発生した超音波の音の波は、一瞬の出来事ですが圧縮と膨張を繰り返しながら進みます。
この圧縮と膨張の現象が、水中に含まれる気体成分(酸素や窒素、二酸化炭素など)に影響を与えます。


人手によって除去できない微細な汚れや、複雑な構造の内部の汚れを取り除きます。
液体へ浸漬することにより洗浄物の細部まで洗浄が可能なため、使いやすく、幅広い分野で使用されています。
汚れの種類に応じて適切な洗浄液を選定し、超音波の物理的洗浄作用と、洗浄液の化学的溶解作用を組み合わせ、洗浄効果を最大限引き上げて洗浄することができます。
超音波洗浄の特性
図1は振動板に対し垂直に立てたアルミ箔による洗浄パターンを示しています。

白い部分は、超音波が最も強く当たり、アルミ箔を侵食している部分です。
但し、図2の場合は黒い部分でも超音波によるダメージが伝わっており、白く侵食されている部分や凹みのある部分も多く見られます。図1の場合は、アルミ箔の黒い部分へ超音波の影響がほとんど出ませんので、入れた際のアルミ箔の状態のままです。

図1のような縞模様の洗浄ムラを解消するため、弊社独自の独立ポジション振動方式により、図2のように定在波による洗浄ムラを少なくしています。


当クリニックでは、お口に直接触れる器材は、すべて滅菌しております。
ハンドピース類(タービン歯科・歯科用エンジン)・ドリル(ダイヤモンドバー)・歯石除去用チップは、薬液消毒ではなく下記のようにすべて滅菌したもののみを使用しております。
また、滅菌できない器材に関しては、ディスポ(使い捨て)の物を使用しております。

当クリニックのハンドピースの使用から滅菌まで手順

滅菌済みタービン

各ユニットに、滅菌済みタービン(左)と歯科用エンジン(右)をすぐに使用できる状態で、常時数十本準備しています。

準備

各ユニットのワークテーブルに、滅菌済みドリルセットと歯石除去用チップをすぐに使用できる状態で、常時数セット準備しています。

 
矢印
滅菌済みタービン

歯を削る直前に、滅菌済みタービンや歯科用エンジンを取り出します。

 
矢印
準備

滅菌バックを開封します。

 
矢印
滅菌済みタービン

左から1番目のホースにタービン、2番目のホースに歯科用エンジンを取り付けます。

※通常、滅菌済みのハンドピースを使用している医療機関では、このように使用直前までハンドピースは、ホースには取り付けられておりません。

 
矢印
滅菌済みタービン

ホースにハンドピースを取り付けます。
(写真は、タービン取り付け時)

 
矢印
準備

ユニットのワークテーブルに準備している滅菌済みドリルセットを取り出します。

 
矢印
滅菌済みタービン

滅菌済みタービンに滅菌済みドリル(歯科用切削バー)を取り付け、歯を削ります。

 
矢印
準備

完全に衛生的な状態で歯を削ります。
また、口腔外歯科診療用バキュームの吸引により、切削時の粉塵から患者様を守ります。

 
矢印
滅菌済みタービン

使用後は、ホースからハンドピースを外します。この状態にしてから、次の診察の準備を行います。

 

使用後ハンドピースの滅菌方法

滅菌済みタービン

使用後のハンドピースは、すべてハンドピース用自動洗浄注油器で、まずオイル洗浄します。

 
矢印
滅菌済みタービン

オイル洗浄後、ハンドピースを再び滅菌バックに入れ、オートクレーブにかけて滅菌します。

 
矢印
滅菌済みタービン
 

使用後ドリルの滅菌方法

準備

使用済みドリルは、超音波洗浄器にかけて洗浄します。洗浄後のドリルは、専用スタンドに戻して、ドリルセットにしておきます。

 
矢印
準備

ドリルセットごとオードクレーブにかけて滅菌します。

 
矢印
準備
 
 

滅菌後は、次の使用のために保管し、準備しておきます。

 

このように当クリニックではハンドピースの使用ごとに、この作業を繰り返し行っております。ハンドピースを繰り返し滅菌すると、器材の寿命も早まり、早期に買い替えが必要になります。また、滅菌器材が不足しないように多数のハンドピース類・ドリル類・オートクレーブを用意しております。
非常に高額な器材ですが、衛生的な歯科治療を行う上では、当然必要なことです。

https://townnote.net/ctl/test/

https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1972503958&owner_id=67095322




↑このページのトップヘ