歯並びが悪いと色々な影響をもたらします。歯並びをきれいにする方法とそれぞれのデメリットを紹介します。(歯科矯正用器具)



【ブラケット矯正】

ブラケット矯正は歯並びや噛み合わせを治すことができる矯正治療です。歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく矯正方法です。

ブラケット矯正は痛みが少なく、快適矯正できますが、目立つというデメリットがあります。でも、現在は透明なブラケットや白いワイヤーが有り、目立たなく治療ができます。

 
【舌側矯正】

舌側矯正は歯の裏側にブラケット(歯科販売)を装着する矯正です。歯の表面にブラケットがつくのが気になる方は舌側矯正をお勧めます。歯の裏側にブラケットを付くため目立つなくなります。

しかし、舌側に装置を装着するため装置に慣れるまで違和感が感じたり、発音がしにくい場合があります。そして表側矯正より費用がかかります。

 
【マウスビース矯正】

 マウスビース矯正はワイヤやブラケットを使わず、透明なマウスビースを付け替えながら少しずつ歯を動かしていく矯正治療です。目立つにくいけど、装着時間を守らないと治療の効果に影響を与えます。

このカメラは最新のハンドヘルド型口腔内カメラ 歯科用です。軽量設計と滑らかな輪郭は持ちやすく快適に使用できます。内蔵の6個LED白い光は信頼性の高い、長寿命の照明を提供します。

歯科医院口腔内カメラUSB接続歯科MD740

商品が故障ある場合は下記の解決方法をご覧下さい。

 
故障:On/off スイッチをしても製品が起動できない
   

解決方法:①電源ソケットをチェックしてください②ケーブルは正しく接続かどうかをチェックしてください

故障:コンピュータあるいはテレビの上に画像を現れない
   

解決方法:①カメラとコンピュータあるいはテレビの接続は正しいかどうかをチェックしてください②ドライバの設定が完了かどうかをご確認ください

操作中、画像が少しぼやけた
   
初めて使用の場合、それは自然な反応です。後に良くなります

イメージを凍結するときディザリングが現れます
   
カメラで画像を撮影するとき手が揺れる;上手に使用でればこの現象が変更できます

コンピュータやテレビ上の画像はスポットがあります
   
①スクリーンやレンズにはスポットあるかどうかをチェックしてください②スポットが除去できない場合、販売店にご連絡ください
 
口腔内カメラを使用する前に、製品の表面には物理的な損傷や故障形跡等があるかどうかをチェックしてください。(歯科口腔内撮影デジタルカメラシステム)


JX®歯の壁掛け歯時計歯壁時計デザインS4010-A
歯科医院様への「開院祝い」として歯の形の時計をご注文頂きます。

JX®壁掛け歯時計歯壁時計S4010-L
今までにいろいろな歯の時計を200台以上北海道から沖縄まで全国にお送りさせて頂きました。
JX®壁掛け歯時計歯壁時計S4010-H
開院祝いの品では歯科医院様が一番多いです。


歯といえばやはり白色!なので時計の本体も白のご希望となります。
それでも前々から「木目のままの歯の時計も作ってみたい」と思っていました。

しかし、良かれと思ってサンプルを作って「どうですか?」とご提案させて頂いても大抵は反応はいまひとつです。
それを見てご注文が頂けることはまずありません。

私の場合、どういう訳か攻めることが良い結果になることはほとんどありませんでした。
大抵自然消滅です。


「タイミング」があるのだと思います。

今回初めて白木のままの歯の時計のご注文を頂きました。
文字盤の数字も木の色のまま。

今日明日には完成します。
私からのご提案ではなく、お客様の初めからのご要望です。


「待ってました!」の気持ちです。
完成が楽しみでなりません。

いろんなものに感謝です。

体調ちょっとよくない感じなのですが今日はがんばります。

↑このページのトップヘ