毎年6月の歯と口の健康週間行事に2年生が臨地実習として参加させていただくにあたり、2月から約4カ月かけて準備をしています。グループに分かれ、幼稚園・小学校・高齢者施設・郡市区歯科医師会イベントなどさまざまな場所に行かせていただきます。
歯科ダウエルピン


まず地域歯科保健活動の講義を通し、地域歯科保健事業における歯科衛生士の役割や集団に対する指導方法を学びます。その後、幼稚園班・小学生班・高齢者班のグループに分かれ、口腔衛生の大切さを伝えるために劇のキャラクター設定や原稿作成、人形など媒体作製を進めていきます。今年は、ミニオンズ、おさるのジョージ、セサミストリート、しまじろうなど、ユーモアあふれるキャラクターを選んでいます。子どもたちや高齢者に楽しみながら口腔衛生を学んでいただけるよう、心をこめてひとつひとつ丁寧に媒体を作製しています。
 歯科ビジュアライザー


 毎年、歯と口の健康週間を終え、たくさんの「ありがとう」をいただき、「楽しかった!」と笑顔で学院に戻ってきます。集団に対する健康教育のポイントは、行動変容につながる動機づけを確実に行うことだと思います。個別指導とは違う集団指導で伝える難しさを実感すると同時に、伝えることの大切さや喜びをしっかりと学んで欲しいと思っています。


Runsheng YS-CS-A(V1)超音波スケーラーボトル付きスケーラー LED光ファイバー付き

歯のクリーニングが歯石と歯垢を除去し、歯の表面を滑らかにし、歯肉の炎症と腫れが治まり、出血と歯周膿漏が止まり、歯根の表面に新しい結合組織が付着する可能性があると指摘しました。 ゆるい歯をしっかりさせます。歯石の表面に大量の細菌とその代謝物が付着しているため、歯周組織をよく刺激することで、歯茎の腫れ、噛み傷の出血などとして表されます。長期間にこの状態にある場合、歯茎の萎縮、歯槽骨の破壊、および歯のゆるみなどの症状が出てきます。最終的に抜歯する必要がありま。


[歯のクリーニングの利点]
1、歯のクリーニングは虫歯を予防する可能:定期的に歯をクリーニングすることが虫歯を予防する可能です。歯垢やその他の堆積物が歯の表面に付着します。日常生活で歯のクリーニングに注意しないと、虫歯が形成しやすいです。外観によくない影響を与えます。歯のクリーニングにより、歯石を除去し、あなたの歯に健康をもたらします。

2、歯のクリーニングは歯周病を予防する可能:歯のクリーニングは歯周病を予防し、治療することができます。長時間に歯に残した残留物が歯の健康に悪い影響を与えるため、歯のクリーニングにより、歯の健康を改善します。

3、歯のクリーニングは口腔の問題が見つかる: 歯をクリーニングする時、口腔を全面的にチェックすることもできますので、治療に間に合うように問題を見つけやすくなります。効果を良くすることができ、歯に損傷を与えません。

4、歯のクリーニングは口臭を防止する可能:研究では、歯をクリーニングしない人に約85%の人は口臭に苦しんでいます。良好な口腔衛生は口臭を防ぐための重要な第一歩です。歯を洗浄することが口臭をなくす方法です。

超音波歯のクリーニングは超音波スケーラー 歯科ヘッドの高周波振動によって、歯石は振動で落ちます。サンドブラストクリーニングは高圧でスプレーされる可溶性のある「細かい砂」を使用して、歯の表面の煙の斑点、茶のしみ、色素を迅速かつ効率的に除去します。それと同時に、艶出し効果があります。歯の表面を滑らかできれいにし、ブレスをフレッシュにします。定期的に歯を洗浄し、歯垢を除去することにより、口腔のピロリ菌を除去します。慢性歯周炎の予防と治療に有益であり、ピロリ菌が胃に入るのを防ぐことができます。それによって慢性胃炎、消化性潰瘍、胃癌の発生率を低下させます。


1.口臭を抑えます。超音波バブルの強力な超音波エネルギーは歯のクリーニング、消毒の同時に口臭を抑えます。ブレスをフレッシュにします。
2. 歯の健康をを守り、歯を白くします。超音波洗浄は普通の外部振動と内部マッサージ効果と異なるため、汚れを除去するだけでなく、歯の内側と外側をマッサージすることもできます。このマッサージ効果は一般的なマッサージでは達成できません。

Sourcehttps://www.oyodental.jp/article-1122-超音波スケーラーで歯をクリーニングすることが歯に良いですか?.html

切削作業もメンテナンスもスムーズに
砥石面と作業テーブル下へ注水を行うことで、砥石の目詰まりや粉塵の蓄積を同時に防ぎます。
細かい切削作業を妨げないだけでなく、使用前後のメンテナンスもスムーズです。

11

砥石の目詰まりや水の飛散を低減
砥石面への注水により、作業の妨げとなる切削時の粉塵の舞い上がりや作業テーブルへの水の飛散を低減。また、砥石の目詰まりを予防し、切削作業をスムーズに行えます。(歯科技工用トリマ)
12



作業テーブル下の切削粉の付着を防ぐ
砥石面と作業テーブル下へ同時に注水する給水パイプを採用。
作業テーブル下への切削粉の付着・蓄積を予防することができます。


メンテナンスしやすい着脱式
前面のホイルカバーや給水パイプはワンタッチで着脱可能。切削粉塵の処理や砥石の交換など、使用前後のメンテナンスが容易に行えます。



作業をスムーズにする設計
メンテナンスしやすいステンレス製の作業テーブルを採用。また、ホイルカバーの左右のせりだしがコンパクトなので、研削時の手の動きを制限することがありません。本体上面のスペースには、幅79mm×奥行62mmの全顎模型を5個置くことが可能です。



↑このページのトップヘ